保険のビュッフェ 土日でも相談できる?

保険のビュッフェの無料保険相談は、土日でも可能です※祝日も可

 

ただし、平日よりは土日のほうが予約が埋まっていることが多いようです。
可能であれば、平日に予約を取ったほうがいいでしょう。

平日のほうが日程を取りやすいようです。

 

また、利用可能時間は、平日・土日どちらも一緒で
午前9時スタートから午後20時スタートまで面談を受け付けています。

 

平日仕事で忙しい人も、午後20時スタートなら時間が取れる、という人もいるのではないでしょうか。

 

また、保険のビュッフェの保険相談は
面談時間を1時間半~2時間とれるということが条件になっています。

 

仕事の昼休みだと、1時間半以上取れる人は少ないでしょうから、注意しましょう。

 

なお面談場所としては平日も土日も一緒で以下の面談場所候補があります。

・自宅
・ビュッフェ直営店舗
・ファミレス、喫茶店
・勤務先
・FP事務所
・保険のビュッフェ面談場所
・実家

 

自宅までFP(ファイナンシャルプランナー)が来てくれるので、
土日で家でゆっくり聞くこともできます。

 

なお面談予約状況は地域や時期によってバラバラです。
今から1週間後に面談できることもできれば、
地域によっては1ヶ月後先になっていたりもします。

 

面談予約可能時期は
保険のビュッフェの予約カレンダーで確認できるので
チェックしてみてください。

 

⇒【保険のビュッフェ】予約カレンダーを確認する

保険のビュッフェ 保険相談の所要時間はどれくらい?

保険のビュッフェの保険相談の所要時間はどれくらいみておけばいいでしょうか?

 

保険のビュッフェ利用規約によると
面談の所要時間は「1時間半~2時間」みておかないといけないとのことです。

 

保険の相談は「もっと短時間で終わると思っていた・・」という人もいるかもしれませんが、
保険のビュッフェの保険相談は、保険選びを失敗したり、後悔しない保険選びをするために、かなりじっくりと時間を使って保険相談することになるようです。

 

なので、保険相談するときは、必ず1時間半~2時間みることが条件とのことです。

 

※世の中保険の知識もそこまでなく、適当に保険を売っている営業マン(営業のおばさん)は多いです。
なので、しっかりと保険の話をしてくれる保険のビュッフェのFP(ファイナンシャルプランナー)は、本気で保険を考えている人にはピッタリだと思います!

 

⇒保険のビュッフェ公式サイトはこちら

 

保険のビュッフェ 料金は本当にかからないの?

保険のビュッフェの保険相談は一切お金がかかりません

何回相談しても無料ですし、何時間相談しても無料です

 

保険の相談は自宅で行ったり、ファミレス・喫茶店で行ったりします。
FP(ファイナンシャルプランナー)の交通費も一切かからないのでご安心ください。

 

ただ、一つ料金がかかる場合があります。
それはファミレス・喫茶店で面談した時に、あなた自身の飲食代です。

 

FPの飲食代はFPが支払い、あなた自身の飲食代はあなた自身が払うことになるので、それだけご注意ください。
まあ、料金無料で保険のプロであるFPに無料で何度も相談できるのですから、飲食代くらいは払ってもいいでしょう。
FPへの相談料を取る保険相談サービスもありますから、相談料無料というだけでもありがたいと思った方がいいかもしれません。

 

⇒保険のビュッフェ公式サイトはこちら

 

保険のビュッフェ 面談場所はどこ?

保険のビュッフェの保険相談ができる面談場所は、以下の通りです。

・自宅
・ビュッフェ直営店舗
・ファミレス、喫茶店
・勤務先
・FP事務所
・保険のビュッフェ面談場所
・その他

以上、7つです。

 

詳しく説明すると、

・自宅
あなたの自宅で相談できます。
小さい子供がいたり、外で相談するのは面倒な人にはいいですね。
また保険の相談なので個人情報もありますから外で相談するよりかは、
自宅で相談した方が話しやすいと思います。

 

・ビュッフェ直営店舗
ビュッフェ直営店舗は、保険のビュッフェが面談スペースとして利用している店舗のことを言うようです。
現在は「東京」のみにしかないようです。
東京では新宿、渋谷、池袋の三店舗あり、立地としては
新宿店:新宿駅直結徒歩0分
渋谷店:渋谷駅徒歩10分
池袋店:池袋駅徒歩5分

という所にあるようです。

具体的な場所としては、申込予約後、FPとの面談日程が決まったあとに
場所を教えてくれるとのことです。
・ファミレス、喫茶店
ファミレス・喫茶店で保険相談できます。
自宅近くのファミレス・喫茶店でもいいし、会社の近くやそのほかの場所のファミレス・喫茶店でもいいようです。

 

・勤務先
あなたの会社の勤務先で相談できます。
相談時間は1時間半~2時間確保しないといけないので、
会社でゆっくりと話が聞ける面談スペース(会議室等)を確保するようにしましょう。

 

・FP事務所

保険のビュッフェと提携しているFP(ファイナンシャルプランナー)の事務所でも相談できます。
ただしあなたの家の近くのFP事務所がなければ相談することができます。
全国各地にFP事務所はあるようなので、FP事務所で相談希望の人は

予約フォームで面談場所にFP事務所を選択し、FP事務所が自分の家の近くにあるか確かめてみましょう。

 

・保険のビュッフェ面談場所
保険のビュッフェ面談場所は、ビュッフェ直営店舗とは違う、保険のビュッフェが確保している面談場所のことをいうそうです。
こちらも地域によってあるところない所があるとのことです。

 

・その他
その他は実家で相談したい場合等を指すようです。
保険を考えるときは出産で里帰り中に考えたいという女性も多いようなので、実家でも相談できるように項目としてはその他を入れているとのことでした。
以上です。

 

面談場所として話しやすいのはやっぱり自宅だと思います。
保険のビュッフェは元々は保険の出張相談サービスの会社だけに
自宅で相談されるお客さんがほとんどとのことでした。

 

⇒保険のビュッフェ公式サイトはこちら

 

保険のビュッフェ 取り扱い保険会社はどこ?

保険のビュッフェの取り扱い保険会社ですが、
保険のビュッフェは、提携しているFP(ファイナンシャルプランナー)をお客さんに紹介する会社なので
提携するFPによって取り扱いの保険会社が違います

 

ただ、取り扱い保険会社がどこか分からないと
自分が知りたい保険会社の話を聞くことができるか分からない、という人もいるでしょう。
そこで、保険のビュッフェに直接、

提携している多くのFPが取り扱っている保険会社はないか、を聞いてみました!

 

こちら↓

 

・アクサ生命保険株式会社
・アメリカンファミリー(アフラック)生命保険会社
・ジブラルタ生命保険株式会社
・オリックス生命保険株式会社
・損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
・東京海上日動あんしん生命保険株式会社
・マスミューチュアル生命保険株式会社
・三井住友海上あいおい生命保険株式会社
・AIG富士生命保険株式会社
・メットライフ生命保険株式会社
・マニュライフ生命保険株式会社
・メディケア生命保険株式会社

以上12社の保険会社なら、取り扱っているFPは多いとのことです。

 

ただ、面談希望日程に合ったFPを紹介する仕組みのようなので、予約後、上記保険会社の取り扱いがないFPを紹介される可能性もあります。

もしあなたが、話を聞いてみたい保険会社が既にあるなら、ネット予約後に、どのFPに決まったか保険のビュッフェから連絡が来るので、そのFPは●×保険会社の取り扱いがあるか、を聞いてみるといいでしょう。

 

⇒保険のビュッフェ公式サイトはこちら

 

 

保険のビュッフェ 勧誘・押し売りはない?

保険のビュッフェのFP(ファイナンシャルプランナー)による無料保険相談サービスでは
勧誘や押し売りは一切ありません

 

保険のビュッフェの保険相談は、初めてFPと会った日に、保険加入するお客さんは、ほぼいないそうです。
(いきなり初めて会った時に保険に入りたいというお客さんも少ないし、保険をいきなり勧めてくるFPさんも少ないとのこと。)

 

保険のビュッフェの提携FP(ファイナンシャルプランナー)は、
平均経験年数8.3年、平均相談件数1,253件と、他の保険会社の営業員よりも経験が豊富です。

 

また保険会社の営業員と違い、複数の保険会社の保険商品の取り扱いがあるので、各社のメリット、デメリットも分かってますし、国の社会保険や年金制度、住宅ローンなどの周辺知識にも精通しているそうです。

 

そのため、経験も豊富な上に色々な保険会社商品も扱っているので、わざわざ勧誘を激しくやってきたり、押し売りをする必要はないのでしょう。
売れない商品を販売したり、知識もなければ押しの強い営業になってしまいますが、そうならないということです。

 

また、どのFPも、保険のビュッフェの”勧誘しない・押し売りしない”という方針に共感して、保険のビュッフェ提携FPになった人ばかりだそうです。

 

我々お客さん目線としては、押し売りや勧誘がなく、為になる保険の話が聞けるのはありがたい事です。

 

初めて会った時にいきなり保険に入ることはないので、
もし再度会っても、良い話は聞けそうにないと思えば、2回目以降の面談はしなければいいだけです。

 

もっと詳しい保険の話を聞きたいければ、2回目以降の相談を希望し面談するようにしましょう。

2回目以降面談しても、料金は一切かかりませんし、もっと深い話を聞けると思います。

 

⇒保険のビュッフェ公式サイトはこちら